初めてのRAWデータレタッチで分かったこと

Vol.7 RAW撮影してRAW現像してライトルームでのレタッチで気づいたこと

RAWデータを現像してレタッチしてみた

手賀沼周辺の公園をRAWで撮影してきました。その撮影した写真をライトルームで現像していろいろ気づいた点を書いていきます。

データ量の大きさなど仕様の違いは前回の「RAWデータとJPGの違いを検証してみる」でまとめてますのでそちらも合わせてご覧いただくとより楽しめるかと思います。今回はレタッチに絞って書いていきます。

色温度の調整量がJPGとRAWでは段違いに違うというのが前回の学びでした。それがどう生かされるか。

レタッチ前後の比較写真

Before

レタッチ前写真

After

レタッチ後の写真

今回は夕暮れの少し前に撮影した池で撮った写真です。まだ日暮れ前でそこまで夕焼け感がなかったのでレタッチで夕焼け感を出してみたいと思ってレタッチしたのが上の写真になります。

色温度やら彩度をいじってAfterのような仕上がりになりました。色をいじれると大分雰囲気変えられるなぁ、さすがRAWデータだ!と思ったんですが、これってほんとうにRAWデータでしか作れないのかな、と思いJPGでも同じような調整を試してみました。

RAWデータでかけた調整をJPGに適用するとどうなるか

ライトルームには調整した内容をコピーして同じ調整をほかの写真にペーストする機能があるのでそれでどうなるか見てみましょう。
ちなみに写真はRAW+JPGで撮影した同じ写真のJPGを使います。

ライトルームのコピーペースト

ライトルームコピー
ライトルームコピー詳細

現像TABの中の左下にコピーというボタンがあるのでそれをクリック。そうするとコピーの詳細がチェックボックスで選べる画面がでてきます。
今回は何も変更しないでこのままコピーします。

同じ調整をコピーしたRAWとJPGの比較写真

RAW

RAWデータ現像レタッチ

JPG

JPGレタッチ写真

RAWで調整した内容をJPGにコピーしても再現できない!

方向性は確かに同じような気がしますが出来上がった写真が思っていた以上に違うものが出てきました。
妙に明るく青の深みがまったくなくなってますね。
調整内容を比較してみたいと思います。

コピーした基本補正を比較

RAW

RAW基本補正詳細

JPG

JPG基本補正詳細

数字が違うのは調整できる幅がそもそも違うのでそれは良しとして、パラメータの▲の位置は同じような位置に振られてますね。
細かい理由はわかりませんが、もともと持っている写真の情報とレタッチした調整結果にズレが生じているので、同じ調整をしても同じ結果は得られないのではないかと思います。

ここで終わりでもいいのですが、JPGの写真をレタッチしてRAWで作った写真に近づけるとどうなるかを試してみました。

RAWレタッチ結果をJPGで再現できるかやってみる

RAWデータから調整した写真を見ながらJPGで同じ写真を作れるかを試してみました。結構再現できちゃったよ。

RAWで調整した内容をJPGで再現してみる

RAW

RAW現像レタッチ写真

JPG

JPGレタッチ写真

パッと見ではほぼ同じような調整をすることができたかなと思いますがいかがでしょうか。
細かい色味の若干の違いやシャドウ部の色の濃さなどに違うはあるものの、そんなに大きな違いが、、ない。

RAWの強みが出せるのはこういうエフェクト系の調整よりも設定を間違えた写真の復元とかそっちの方なのかもしれませんねぇ。
今回はJPGの調整範囲でも対応可能なレタッチだったので、RAWからの現像とJPGからのレタッチでの差があまり出ませんでした。

調整した内容を比較

RAWの設定をコピーしたものと、自力で再現した基本補正の調整比較です。

再現した基本補正のの比較

RAWコピーの調整内容

RAW基本補正

寄せた調整内容

JPG基本補正

青が弱かったので色温度を青側に調整しました。+24
また色かぶり補正も緑側に調整-24
ハイライトが強かったのでそこを結構落として-71
白レベルも同様に-100まで落としてます。

RAW現像した感想とまとめ

RAW現像をして思っていた以上に色味の調整幅がひろいなぁと思い、今後RAW撮影もありだな、と思っていたんですが、今回の検証でJPGでもなんとかなるということが分かってしまいました。
まぁ、でもほら、RAWからレタッチしたほうがきれいじゃないです。多分。そんなに違いは判らないけど、RAWのがきれいだし。本格的な感じするし。本当はJPGで再現できないという結論になるはずだったんですよ!

今回選んだ写真が再現可能だったので、もっとRAWからじゃないと作れないくらいいじり倒したいときはRAW撮影がいいのかもしれませんね。
今後もやっぱり基本撮影はJPGでよさそうだなぁ。と改めて思いしった内容になりました。

Lightroom 関連ページはこちら

Photoshop Lightroomの違いをやりたいことから比較

Photoshop Lightroomの違いをやりたいことから比較

UP DATE:2016-06-26

夜景レタッチで好みの夜景写真に仕上げる8STEP

夜景レタッチで好みの夜景写真に仕上げる8STEP

UP DATE:2016-04-30

花のレタッチを3パターン紹介 トーンカーブのコツも

花のレタッチを3パターン紹介 トーンカーブのコツも

UP DATE:2016-03-19

ライトルームのショートカットなど 3つの小技紹介

ライトルームのショートカットなど 3つの小技紹介

UP DATE:2016-03-16

>>Lightroom記事一覧はこちら

次の記事はこちら

←Pre

柏の葉公園で迎えたマジックアワーを堪能して池に沈む夕日を撮影

Next→

ポッポの丘でワイルドに展示された電車とのどかな風景を楽しむ



ライトルーム関連商品 アマゾン

作品づくりが上達するRAW現像読本 〜Lightroom CC/6で写真編集力アップ! (玄光社MOOK)

作品づくりが上達するRAW現像読本 〜Lightroom CC/6で写真編集力アップ! (玄光社MOOK)

¥ 1,944
RAW現像の教科書

RAW現像の教科書

¥ 2,030
Canon DPP4 Digital Photo Professional 4 RAW現像 完全ガイドブック

Canon DPP4 Digital Photo Professional 4 RAW現像 完全ガイドブック

¥ 2,138
デジタル写真の色を極める! 「写真の学校」

デジタル写真の色を極める! 「写真の学校」

¥ 1,944