PhotoshopとLightroomの違いを簡単に説明してみる

Vol.4 PhotoshopとLightroomって何が違うのかをライトルームの便利さを中心に説明します

Adobeが出しているライトルームとフォトショップの違い

アドビが出している中でも有名なソフトが「フォトショップ」ですね。プロ御用達の写真を加工したり、レタッチしたりするのに使われる有名なソフトです。

同じくアドビが出しているライトルームというソフトがあります。こちらはまだまだ知名度が低く、使い方が分からない、フォトショップの劣化版のレタッチソフトでしょ?という声があるような無いような、ソフトなんですが、実際に使ってみるともう手放せなくなる、写真管理&レタッチにおススメなソフトです。

実体験でもあるのですが、フォトショップでレタッチできるからライトルームなんて使わんよ、という食わず嫌いな方もいるかと思いますが、そこまで作りこまない写真のクオリティを簡単にアップさせるにはライトルームがおススメです。

Lightroomで写真をレタッチするまでの流れ

Lightroomのいいところは写真を一覧で見ながらどの写真を使おうかと選択しやすいところです。

前提条件としてカタログの制作が終わっている必要があります。その辺のカタログ作成の説明については色々なサイトで取り上げているのでここでは割愛させていただきます。

私の場合、同じ構図でカメラのエフェクトを変更して撮影するので、そのなかでどれがいいかと選びながらレタッチ、書き出しができるので楽でいいです。

撮った写真をPCに取り込んでライトルームのカタログに追加して、その中から使いたい写真を選び、現像を選択すると、レタッチの画面に遷移します。
このカタログの画面はJPGはもちろん、RAW画像もプレビューしてくれます。

現像という言葉はなじみが薄いですが、RAWファイルを書き出すときに使われるのでそういう呼び方になっているのかと思います。

選んだ写真を補正をします。ここから先の作業が一番楽しいところですね。
フォトショップでも同じように補正することは可能なのですが、ライトルームの場合、直感的に調整ができるというのが一番のメリット。どこをどういじればなにがどう変わるのかというのがなんとなく想像できるメニューになっているんです。

メニューの違い比較

基本補正とレベル補正比較

ライトルームの基本補正とフォトショップのレベル補正を比較してます。若干の違いはあれど目的は明るさと色の調整なので、役割はニアリーイコールということで。

ライトルームの場合、言葉が明確で分かりやすいので、初心者でも露光量を上げたら明るくなる、とか、彩度を上げれば彩度が上がると分かりやすい。

フォトショップの場合、ヒストグラムを動かして調整するので、初心者の人には何をどうすればいいのかもわからないのではないかと思います。(初心者がフォトショップ使うのかという議論はおいといて。)

色相と彩度の調整比較

ここの違いがパッと見で伝わると思いますが、色の分類の数が違いますね。というか色ごとに調整できるのはライトルームならでは。これが色相と彩度と輝度の3つで調整できるわけです。

フォトショップで色相・彩度はあんまりいじらないです。うまく使いこなせないから。トーンカーブとレベル補正でなんとなく終わらせることがおおいのですが、ライトルームの場合、明るめの紫が強いからそこだけ弱くしてみるか、といったピンポイントの調整が簡単にできるのです。

ライトルームのレタッチの場合、どんどんいじっていって最終的になんだか写真というより油絵みたいな仕上がりになる、ということがちょいちょいありました。ここをこうしよう、あーしようがとめどなくできてしまうので。

フォトショップのでやったほうがいいこと

万能ツールの如くほめたたえておりますが、フォトショップのほうが良いところもたくさんあります。要は使い分けることが重要といえます。

写真の色味や明るさでなく、合成や人消したりする作業はフォトショップのがやりやすくクオリティも高いものが作れます。ライトルームはパスを書くことができないですし。

ライトルームで人を消した例

Before

After

ライトルームでも消すこと自体はできます。私の経験値によるところも大きいですが、ライトルームの修復ブラシは使いずらいです。

ライトルームにはレイヤー機能が無いため、細かい調整がしずらく、複製レイヤーを作って色々試してみるとかがやりずらい。(画像そのものをコピーすることは可能)

ただ、人を消すだけならライトルームでも事足りるわけで、どこまでクオリティを求めるかによって使い分けるとよいかと思います。このサイトではとりあえず人が消えればいいか、というレベルで使ったりもしてます。

良く見ると階段のつながりが不自然でいかにも消しました、という仕上がりになっているのですが、階段をきれいに見せる写真じゃないからまぁいいかと。これくらいのクオリティでよければ簡単に消すことができます。

ライトルームでももっと細かく時間をかければより自然に消すことは可能と思いますが、それをやるくらいなら初めからフォトショップで行った方が時間もかからずクオリティも高いものが作れるかと思います。

簡単にライトルームで人を消す方法を紹介

ライトルームのスポット修正を選んで、消したい箇所をブラシでぐりぐり塗りつぶします。ブラシのサイズやぼかしはその下のブラシツールで調整できます。

塗りつぶしが終わるとライトルームが勝手にサンプリング箇所を選んでそのエリアで塗りつぶしてくれます。それがそのままで良ければいいのですが、うまくいかないときは自分でサンプリングしたい箇所を選びなおして合わせる。以上で終了です。

ライトルームとフォトショップの違いまとめ

ライトルームは写真のレタッチのみでなく、写真の管理をしたうえで、撮った写真の中からレタッチしたい写真を選び、簡単に色や明るさの補正を行うという作業に最適化されています。
なので、写真1枚だけを余計なものをなくたり、合成したりするという作業は圧倒的にフォトショップのほうが効率が良いです。

一眼レフなどのカメラで撮ってきた写真をフォルダ単位で管理して、使いたい写真を選んで、レタッチしたい、というニーズがあればライトルームをおススメします。

Lightroom 関連ページはこちら

Photoshop Lightroomの違いをやりたいことから比較

Photoshop Lightroomの違いをやりたいことから比較

UP DATE:2016-06-26

夜景レタッチで好みの夜景写真に仕上げる8STEP

夜景レタッチで好みの夜景写真に仕上げる8STEP

UP DATE:2016-04-30

花のレタッチを3パターン紹介 トーンカーブのコツも

花のレタッチを3パターン紹介 トーンカーブのコツも

UP DATE:2016-03-19

ライトルームのショートカットなど 3つの小技紹介

ライトルームのショートカットなど 3つの小技紹介

UP DATE:2016-03-16

>>Lightroom記事一覧はこちら

次の記事はこちら

←Pre

千葉市動物公園でカラフルな鳥や悲し気なオランウータンを撮ってきた

Next→

紅葉の残念な写真レタッチ。ピンボケと彩度を調整する7つの手順



ライトルーム関連商品 アマゾン

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

¥ 15,708
Photoshop Lightroom Classic CC/CC スーパーリファレンス Windows& mac OS対応

Photoshop Lightroom Classic CC/CC スーパーリファレンス Windows& mac OS対応

¥ 2,916
Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Mac対応

¥ 15,708
プロフェッショナルワークショップ Lightroom [6 / CC対応版]

プロフェッショナルワークショップ Lightroom [6 / CC対応版]

¥ 3,002