こどもの国でゴーカートやラジコンなどを子供と楽しむ|カメラQ7 Days

千葉県市原市 千葉こどもの国(Kids Dom)

千葉こどもの国(Kids Dom)に行ってきました

千葉こどもの国(Kids Dom) 体験談

名称:千葉こどもの国(Kids Dom)
千葉こどもの国(Kids Dom) 公式WEBサイト
おススメ度:★★★★☆ (5点満点中 4点)

千葉こどもの国(Kids Dom)へのアクセス

  • 住所:千葉県市原市山倉1487
  • 交通アクセス:『八幡宿駅』→『山倉こどもの国行き』バスで約23分
    【車】館山自動車道 市原IC から約15分

こどもの国 Kids Dom 駐車場について

普通車:600円 1日 千葉こどもの国 Kids Dom 駐車場

こどもの国 Kids Dom 入園料 割引情報

大人:700円 小中学生:300円 幼児(3歳以上):200円
コンビニで発券できる前売り券で割引あり JTB商品番号:0236337
10%OFFになります。

チーパスをお持ちの方は子供料金(中学生~幼児)が2割引になるので、前売りで購入するよりお得ですが、大人は割引がないので、大人のチケットのみコンビニで購入して、子供のチケットを窓口でチーパスを提示して購入するのが一番お得な買い方になります。
とはいえ、割引幅が小さいのでまとめてコンビニで買うのが楽かもしれません。30円の差なので。

クリックでgoogle MAPを表示

千葉こどもの国(Kids Dom)感想 -クリックで写真拡大します-

千葉県市原市にある千葉こども国 Kids Domに行ってきました。入園料はかかりますが大人700円、子供300円とリーズナブルなテーマパークです。乗り物やアトラクションを楽しむときにチケットがかかるタイプのやつです。高速からそんなに遠くないので交通の便は悪くなくちょっと家族で遊ぶには悪くないところでした。

開園が9:30からということでちょうどその時間に到着したのですが、ものすごくすいてました。ほぼ貸し切り状態。冬は屋外のこういったところは空いてていいですね。寒いですが。

こどもの国 Kids Dom 入り口
こどもの国 Kids Dom 橋
こどもの国 Kids Dom ゴーカート

ゴーカートが全長1.5kmで人気のアトラクションらしいの朝一でそこに向かいました。誰もいなくて一番のりです。ゴーカートの受付でチケットを購入します。3000円分購入すると3500円分の乗り物チケットが購入できるのでそれで遊びます。
ゴーカートは2人乗りで1台600円。家族4人なので1200円です。免許書を持っている大人か講習を受けてライセンスカード発行されると小学4年生から一人で乗れるそうです。

本格的なゴーカートかと思いうきうきでしたが、速度は12km程度で遅くない程度のスピードです。レーンなどはなく運転してる感は楽しめます。アクセル、ブレーキがついている方に大人が座り、ハンドルは両方の席についているので子供が運転できるので、子供も楽しめるゴーカートです。

冬で来園者が少なく、朝一番だったのでガラガラでしたがピークの時には1時間くらい待ち時間ができるらしいです。

こどもの国 Kids Dom ダム
こどもの国 Kids Dom 湖
こどもの国 Kids Dom フォトスポット

ゴーカート乗り場は園内の端っこにあるのですが、山倉ダムというダムが近くにありそのダムの湖を超えたところにあります。
写真で撮りたい景色はここがおススメというかここくらいしかなかったかな。

こどもの国 Kids Dom 遊具
こどもの国 Kids Dom 遊具
こどもの国 Kids Dom 遊具
こどもの国 Kids Dom 土管

園内にはアスレチックなどの遊具があり、最近の遊具にはあまりない、スリル感楽しめる遊具も残っています。最近の公園は安全を考慮され過ぎてこういう落ちたらケガする系の遊具が少なすぎる。
まぁ、危ないからという理由は子供を持つ親としてわかるんですが、だからといって危険がない遊具ばかりというのもどうなのかと思います。うちの子供もを綱が張り巡らされた高いところに登る遊具にビビって、自分の登れるところまでしか登らないんですが、自分で危険を判断するという機会が減っていくほうがよっぽど危険なんじゃないかと思ったりします。危ないからといってなくすよりも、何がどう危ないかを身をもって知る機会があったほうがいいんじゃないかと。

話がそれました。アスレチック的な遊具で遊んだあと、ダムダムボールというエリアに移動します。

こどもの国 Kids Dom ダムダムボール
こどもの国 Kids Dom ダムダムボール
こどもの国 Kids Dom ダムダムボール

ここは入園料1人200円で大人の付き添い1人まで無料。子供二人と大人一人で600円。柔らかいウレタン素材でできた広場にでっかいバランスボールが転がっている広場です。ローラー滑り台もあります。ここでボールを転がして穴に入れたりして遊べます。
再入園も可能なのでひとしきり遊んだあと、別のエリアに移動します。

こどもの国 Kids Dom 大きい滑り台
こどもの国 Kids Dom 滑り台上から
こどもの国 Kids Dom 乗り物

すぐ近くに大きな滑り台があったのでそこで遊びました。二台横並びの滑り台でそこそこ高さのある滑り台です。上から見るとなかなか迫力ありますね。
上まで行って自分も滑ったんですが、あとから注意書きを見ると大人はご遠慮ください、と書かれておりました。すみません。楽しそうだったので滑りました。

ほかにも期間限定でお馬に乗って進む乗り物がありました。昔モヤさまでやっていた、上下運動で進む乗り物です。乗りませんでしたが。

こどもの国 Kids Dom ミニSL
こどもの国 Kids Dom ジオラマ
こどもの国 Kids Dom ラジコン

ミニSLがあったのでそれに乗ります。こういうチケット制の遊園地は子供の満足度と、出費との兼ね合いが難しいところですよね。せっかく来たのだから色々楽しみたいけど、いちいちお金がかかるからどこまで楽しんでどれはダメとジャッジするか、悩みどころですね。
SLは1人300円。4人で1200円大体5分くらいを低速でぐるりと回って返ってきます。

そのあと移動して、ジオラマ模型の電車を走らせられるやつを5分100円で楽しんで、室内のラジコンを借りれるところでラジコンを走らせました。
15分300円なので、1台借りて家族4人で回して楽しみました。

こどもの国 Kids Dom レンタサイクル
こどもの国 Kids Dom バーベキュー広場
こどもの国 Kids Dom バーベキュー詳細

その後、わくわくサイクリングというレンタサイクルで4人乗り自転車をレンタルし1台600円。園内のサイクリングロードを1周します。
大人が後ろに乗って大人二人で漕いで子供は前にのるというシステムです。坂があったりするのですが、ギア付きの自転車だったのでなんとかなりました。ハンドルをぐいっと曲げると割と大きく曲がるので前の子供が落ちそうになったりします。

冬場はシーズンオフですがバーベキュー広場などもありました。ここは子供の国なので大人だけのレンタルは禁止されているそうです。
こどもの国のバーベキュー広場は予約制で1台2500円(6人まで)でレンタルできます。

こどもの国 Kids Dom 置物
こどもの国 Kids Dom 城
こどもの国 Kids Dom チッパ君

入園口の正面にお城の形をした、なんていうんだろう、モニュメント的なものがあるのですが、時間に応じてこいつが動いて中からシュールな人形(マスコットキャラクターのチッパ君)が大冒険を繰り広げます。こういう地方に良くあるシュールな仕掛けは嫌いじゃないです。

こどもの国 Kids Dom 釣り堀
こどもの国 Kids Dom 遊具
こどもの国 Kids Dom 芝生

他には釣り堀があったり、写真のような遊具があったり、だだっ広い芝生エリアがあったりと色々と楽しめるテーマパークでした。
園内に飲食施設もあります。また夏場は水遊びが楽しめるようで、夏休みなどは家族連れでにぎわうことと思います。
冬は寒いですが、のんびりと楽しめるのでぜひ行ってみてください。

この子供の国の近くには、袖ケ浦にある東京ドイツ村や、ダチョウ王国、市原象の国などもあります。合わせて楽しむのもありですね。
うちはこの後、東京ドイツ村のイルミネーションを見に行きました。


写真タグ

こどもの国 Kids Domと同じテーマの写真をボタンをクリックすると見れます

公園(9)植物(1)滑り台(2)空(5)遊園地(11)道(1)青(3)魚眼(6)

こどもの国 Kids Dom周辺 おススメ宿紹介 じゃらんWEBサービス

クリックでおススメの宿を表示

旅日記 関連ページはこちら

ポッポの丘でワイルドに展示された電車とのどかな風景を楽しむ

ポッポの丘でワイルドに展示された電車とのどかな風景を楽しむ

行った日:2014-09-14

千葉城(千葉市立郷土博物館)にて昭和42年に作られたお城を撮影

千葉城(千葉市立郷土博物館)にて昭和42年に作られたお城を撮影

行った日:2015-10-25

千葉市動物公園でカラフルな鳥や悲し気なオランウータンを撮ってきた

千葉市動物公園でカラフルな鳥や悲し気なオランウータンを撮ってきた

行った日:2015-10-25

手賀沼公園で白鳥やカモメ、カラスの撮影 ミニSLは休業中でした

手賀沼公園で白鳥やカモメ、カラスの撮影 ミニSLは休業中でした

行った日:2016-01-10

>>旅日記記事一覧はこちら

次の記事はこちら

←Pre

空の色を基本補正のみで色々調整してみる。きれいな夕焼けの作り方

Next→

250万個のイルミネーションが自慢の東京ドイツ村へ3回目の来園



ミラーレス一眼Pentax Q7関連商品 アマゾン